液状化現象によるマンホールの浮上抑制技術
ハットリング工法協会
会員専用ページ  



1. 適応できるマンホールは?
既設・新設問わず組立式マンホールで0号から3号までと、現場打ちマンホール(JIS型)に適用します。

2. 浮上抑制ブロックの大きさは?
(例)組立1号用標準ブロックの場合
外径1.90m、内径1.15m、厚さ0.20m、重量約0.9tです。

3. 固定バンドの防錆は?
固定バンドは鋼製ですが、防錆処置を施しています。

4. 土砂流出防止ネットは、何のためにあるのですか?
土砂がハットリングブロック下部への回り込みを防止するためと、上載荷重をブロックへ確実に伝えるために設置いたします。

5. 地下水が高い場所での施工はできるのですか?
水替え工が必要になります。

6. 浮上抑制ブロックの設置深さは、なぜGL-1.0m なのですか?
    もっと深い位置ではだめですか?
施工性および上載荷重を得るために、標準深さを1.0m に設定しました。また、最大設置深さは、1.5m未満としています。これは、土留め工を必要としない深さまでとしています。



事務局 秩父コンクリート工業株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野7-7-6
MPR上野駅前ビル6階
TEL.03-3844-5074 FAX.03-3844-5087